番茶と緑茶

緑茶や番茶、煎茶、ほうじ茶など日本茶には数多くのお茶が存在します。

しかしそれぞれの違いをよく理解している方は、それほど多くおられないのではないでしょうか。

お茶を飲むのに「このお茶はどこのお茶かな」と考えて飲まれる方の方が少数だと思います。

ただ、少しでもお茶の違いが分かっているとおもしろいものです。

最も分かりやすいのは、日本を代表とするお茶である緑茶です。

綺麗なグリーンをし渋みのあるこのお茶は日本人なら誰でも分かるお茶だと思います。

次に麦茶ですが、夏になると定番と言っていいほど飲まれる方が多いと思います。

芳ばしい香りで少し癖がありますが飲みやすく、特に冷やして飲むとさっぱり美味しいお茶です。

また麦茶はノンカフェインですから、カフェインを気にしている方でも安心して飲むことができるお茶でもあります。

玄米茶やほうじ茶なんかも分かりやすいですね。

玄米茶は煎茶に玄米をブレンドし作られたお茶で、ほうじ茶は番茶や茎茶を炒って作られたお茶です。

どちらも味に癖がありお茶の色も違うので分かりやすいと思います。

ただ煎茶や深蒸し茶、番茶などはどうしても違いが分かりづらい面があります。

パッケージにお茶の名前が書かれていてもブレンドされている場合が多いですから、はっきりと分からないことも多いです。

では煎茶や番茶などのお茶は一体どのような味をしているのでしょうか。

まず煎茶は、新芽の柔らかい部分を摘んで造られている為アミノ酸が多く含まれており、非常に健康に良いお茶として知られています。

茶葉は深い緑色をしていますが、お湯を注ぐと淡い黄色をしておりほのかに甘い香りがするのが特徴です。

食事と一緒にというよりは、和菓子などお菓子と一緒に飲むほうが合うお茶です。

番茶も新芽を摘むのですが、煎茶が柔らかい部分を摘むのに対し番茶は摘み取った後の古い葉の部分を使用して作る違いがあります。

味はマイルドで茶葉は一見枯れ葉のようですが、番茶はカフェインの含有量が少なくためカフェインが気になる方でも安心して飲むことができます。

お茶の色は優しい茶色で、麦茶と同じような色をしています。

味もさっぱりもしていますから食事の時に飲んでも違和感がありません。

その他にも色々なお茶がありますが、多くは煎茶や番茶をブレンドして作られているのが特徴です。

また緑茶も抹茶を混ぜて作ったものもあり、抹茶入りの緑茶は通常の緑茶よりも少し味に変化が出て渋みが減るように思います。

渋いお茶が苦手という方は、抹茶入りの緑茶などを飲んでみると良いかと思います。

緑茶は粉末タイプのものも多く出ていますので、ちょっとした時や旅行先などで飲みたい場合など、持っていると便利だと思います。