玄米茶と抹茶

玄米茶に抹茶がブレンドされているお茶があります。

メーカーは様々ですが、皆さんが知っているところでは伊右衛門の抹茶入り玄米茶でしょうか。

あと新発売の「ふっておいしい抹茶玄米茶」などもそうですね。

グリーンティーが入った玄米茶はその名の通り抹茶が入った玄米茶なので、玄米茶の香ばしさにプラスし抹茶の色合いと香りがうまくマッチし非常に美味しいお茶に仕上がっています。

玄米茶だけですと少し癖があって飲みにくいという方などは、抹茶が入った玄米茶を飲んでみると飲みやすいと思います。

ちなみに「ふっておいしい抹茶玄米茶」は伊藤園から出ているペットボトルのお茶で、2009年2月2日から発売されました。

ミニサイズなので値段は158円程度で、キャップ部分にグリーンティーが入っています。このキャップ部分を捻ると粉末状のグリーンティと玄米が出てきますので、商品名の通り振って飲みます。

味はあまり濃くはありませんが、薄めのお茶がこの皆方はとても飲みやすいと思います。

ほのかに香る抹茶と玄米の香りも良いですね。

食事にも合いますから、お昼ご飯のお供として飲んでみてはいかがでしょうか。

成分は2008年春に摘んでから一定期間熟成させた国産抹茶100%と、国産うるち米100%の玄米茶を使用し水は山形県酒田市で採水された天然水を使用しています。

自然で美味しいお茶をペットボトルで堪能できるのですから嬉しいですね。

その他は、「静岡茶いち」で販売している商品も美味しいことで知られています。

お茶と言えばやはり静岡ですので、美味しいお茶が飲めるのも分かりますね。

「静岡茶いち」で販売している抹茶入り玄米茶は、深蒸ししてあるのが特徴で、使われている茶葉も茶道で使われる上質のものをたっぷりとブレンドされています。

深蒸し茶の旨みや玄米の香ばしさなど、全てにこだわった静岡のお茶を味わってみてはいかがでしょう。

美味しい飲み方は、一煎目はサッと入れて香りなどを楽しみ、二煎目は玄米と深蒸しの味を楽しむと普段とは違ったお茶を楽しめると思います。

お茶漬けにしても美味しいですし、夏はキンキンに冷やして飲むと汗も吹き飛びます。

子供たちでも飲みやすいと評判ですから、これから暑くなる季節におすすめのお茶です。

「静岡茶いち」では3種類のお茶があり、1つは茶道の濃茶でも使用する最高級の愛知県西尾のグリーンティーをブレンドしたものと八十八夜前後に摘んだ深蒸し茶と炒りたて国産深炒りうるち玄米などを使用したもの、そして1番茶の深蒸し煎茶と炒りたて国産深炒りうるち玄米などを使用したものがあります。

それぞれ違った味わいを楽しむことが出来ますので一度試してみてはいかがでしょう。