鎌倉の抹茶

抹茶の歴史は鎌倉時代から続いています。

お茶の歴史というとはるか古代の中国になるのですが、抹茶となると日本独特の文化になるのです。

鎌倉時代に、臨済禅を学ぶために宋へ渡った栄西禅師が、1191年にお茶の種を持ち帰り、抹茶法を輸入したのが始まりと言われています。

栄西禅師が抹茶の製法などを事細かに記した、「喫茶養生記」が鎌倉幕府の初代将軍であった源頼朝に献上されて、武家社会にも広まっていきました。

それまで上流階級のみが嗜んでいた抹茶が、広く一般化したのは南北朝時代のことで、更に茶道の発展とともに日本独特の文化になっていったとされています。

持ち帰った抹茶の種は、京都の宇治田原という土地に最初に蒔かれました。

この地で茶葉を蒸して揉むという製法が発明されたのです。

宇治茶と言われるようになったこの土地の茶葉は、お茶作りに適した気候から味も品質も抜群であり、歴代将軍や皇室にも献上されるものだったようです。

その抹茶を利用して作られるようになったのが、抹茶ソフトで特に「京都祇園辻利」は老舗のお茶屋さんで、このお店の抹茶ソフトは、一度食べたら忘れられない味と大変有名です。

濃くて鮮烈な抹茶の風味で、独特の渋みとまろやかさを残しながらも口当たり滑らかなので、大人にも子供にも大人気の抹茶ソフトです。

抹茶ソフトは全国各地で販売されていますが、京都や鎌倉のものは特別美味しいような気がします。

それは茶葉が育つのに適した土地、気候で育った茶葉を使ってあるからだと思います。

最近ではお茶を使ったスイーツも一般化してきて、コンビニなどでも簡単に手に入るようになりました。

そのお陰か、今では抹茶だけでなく番茶やほうじ茶などお茶全体が注目を集めているように思います。

スイーツにはソフトクリームの他にロールケーキやプリン、アイスクリームなど小さいお子様でも気軽に楽しめるものが増えています。

お茶は鎌倉時代から続く日本人の心でもありますので、小さい頃から親しんできたお茶のおいしさをもっと多くの方で知って欲しいものです。

お茶会なども頻繁に開かれていますので、一度参加してみてはいかがでしょうか。

最近では若い方の出席が増えてきているように思います。

女性だけでなく男性もお茶の世界に興味を持つ方が多くなってきており、日本人らしさを求める方が増えてきているという事なのかもしれません。

渋みと苦味が苦手だという方も、本格的なお茶を学べばその考えを覆すことが出来ると思います。

まずは興味を持つことが大切ですので、小さな頃からお茶の世界に触れられるようにされておかれるといいかと思います。