かりがね ほうじ茶

一般的にほうじ茶というのはそれほど高価のものではありませんが、「かりがねほうじ茶」の場合は少々事情が違ってきます。

これは茶道の家元も良く通っているという老舗のお茶屋、「伊藤柳櫻園茶舗」に売られている「金」と「香悦」というお茶で、非常に豊かな香りと味わいが特徴です。

「金」と「香悦」の違いは、「金」は朝に飲むお茶としてさわやかな香りが特徴で、一方「香悦」は午後のひと時やお休み前に飲むお茶として、ほうじ茶の香りを楽しむというような違いがあるようです。

ほうじ茶は、もともと緑茶の茶葉を焙じることによって香ばしさを出したお茶のことをいいます。

「かりがね」とは茶葉の分類のうち、茎の部分が入ったお茶のことです。

ですから、かりがねほうじ茶の香悦というのは茶葉の茎の部分が入っているほうじ茶のことをいいます。

特徴としては麦茶のように苦味や渋みが少なくなっており、色も緑というよりも麦茶のように茶褐色をしています。

その分香りは、香ばしさもプラスされており、味に癖がないために好んで飲む方も多くおられます。

また、茶葉を焙じる時にカテキンやカフェインが少なくなるために胃にも優しい飲み物になっています。

そのため、小さな子供や妊娠している人は普通の緑茶よりもほうじ茶の方が良いと言われています。

「かりがね」というと、どうしてもいらない部分のように感じてしまう方もおられるかもしれませんが、使用している茶葉の質によっては葉を使用しているものよりもおいしい場合も少なくありません。

特に玉露用の茶葉の茎を使用している場合には、安く買える割に高級なお茶の味を楽しめるということで人気を呼んでいます。

こういったことからも、かりがねほうじ茶は良い茶葉を使用していることが伺えますね。

特に、最近ではテレビや雑誌などでも紹介されたこともあり、とてもおいしいほうじ茶と評判で、かりがねほうじ茶の注目度がとても高くなってきています。

伊藤柳櫻園茶舗はもともと老舗のお店で、明治のころから行なっているお茶の売り方を今でも変えることなく続けているために、かりがねほうじ茶の在庫はそれほど多くはないようです。

特に抹茶に関しては、40gの抹茶を作るのに丁寧に1時間をかけて作られていて毎回すぐに売切れてしまうのだとか。

ですから、かりがねほうじ茶の「香悦」や「金」も品切れになっている場合もありますので、その点は注意してくださいね。

お世話になった方などにお中元などで送るなら、こういった質の良いかりがねほうじ茶を送ってみてはいかがでしょう。

特にお茶が好きな方であれば、きっと喜んでもらえると思いますよ。