六条麦茶

六条麦茶はカゴメが販売している飲料で、度重なる研究と努力の成果によって生まれた商品です。

発売してからも常に研究は続けられています。

カゴメと言えばケチャップというイメージがありますが、そのイメージを破ろうと清涼飲料水の分野に進出したのがきっかけで六条麦茶が開発されたようです。

清涼飲料水は激戦区なので、かなりの優先位がなければ生き残っていけません。

そこでまず、ペットボトルの無菌充鎮ラインを完成させたのです。

NASAでも使用されている環境清浄度に基づいたクリーンルームが完備され、清潔な空間の中で六条麦茶が製造されています。

コーヒー、ミルクティに続いて第三弾として六条麦茶の製品化に取り組んだのですが、既にビールメーカーの方で二条麦茶が販売されていたので、六条麦茶にこだわったようです。

六条大麦は昔から日本人が食用としており、麦茶にしてよく飲んでいたということからニーズは多いだろうと考えられたわけです。

六条大麦にはタンパク質が豊富に含まれており、美味しさも香りもたっぷりあります。

それでいてほのかに甘いので、誰にでも愛される麦茶だと思います。

また、六条大麦だけでなく水にもカゴメはこだわっていて、豊かな自然が育んだ伏流水に一手間加えた美味しい水で六条麦茶は作られています。

いざ作り始めると様々な苦労があったようです。

無菌充鎮ラインを使用しても腐りやすかったり、雑菌が繁殖したりしたそうです。

ただ、それでもカゴメはあくまでも無添加にこだわり、美味しくて安全な六条麦茶を作り上げることに成功したのです。

六条麦茶クセがなく、またノンカフェインですので、子供からお年寄りまで安心して飲むことが出来ます。

食事時にお風呂上りにと1年中飲み続けられている麦茶です。

妊娠中や離乳食を始めた頃の赤ちゃんでも、飲める飲み物ですので長年愛され続けているのだと思います。

六条麦茶は色々な料理にアレンジすることも出来ます。

麦茶を使ったレシピには、おかゆやお茶漬けの他にも寒天を使ったスイーツや焼酎割りなんかもあります。

六条麦茶を使ったあなたオリジナルのメニューを考えてみても面白いですよね。

カゴメの六条麦茶は、ペットボトル入りなのでいつでも手軽に飲めるのが魅力だと思います。

六条麦茶はカゴメ以外のメーカーからも販売されていますが、製品に徹底的にこだわっていて美味しくのみ安いのはカゴメだけだと思います。

まだ六条麦茶を飲んだことのない方は一度試してみて下さいね。