国産麦茶

麦茶の原料は、主に国産のはだか麦が使われていますが、最近は麦の入手困難から、外国産が使われていることもあります。

外国産でも安全な麦はたくさんありますが、できれば国産のものをと思うのは消費者として自然な気持ちでもあるでしょう。

「麦茶」は日本人に多く愛されている飲料であり、そして夏の暑い時期には特に消費量が多くなります。

俳句の世界では季語として使われている程です。

麦茶がなぜ愛されているのか。

それは豊かな香りはもちろん、ノンカフェインであること、また甘味料や保存料などが一切使われていないこと、そして作り方の簡単さがあるでしょう。

麦茶は主にティーバッグに入ったもの、または焙煎された大麦の状態のものを煮出したり、水出ししたりしながら、味と香りを出していきます。

冷蔵庫で冷やせば、夏の水分補給のお供となるほどの、日常生活に欠かせない飲み物です。

毎日飲むものだからこそ安心できるものをと、国産が求められています。

しかし、国産の麦茶が安心とは言っても、国産でも農薬を使っている場合があります。

信頼できる業者から確かな品質のものを選ぶことも必要となってくるでしょう。

国産の麦茶かどうかを調べるには、麦茶のパッケージ書かれてある産地を確認します。

安価なものは外国産である場合が多いです。その割合は意外と高く、それは、国産は一般に水分が多く、加工が難しい場合とされている為です。

しかし、昨今の国産重視のニーズに応え、企業も国産の麦茶に力を入れています。

「国産有機」と書かれてある麦茶は栽培方法にもこだわりが見られ、品質の高いものとなっています。

麦茶の種類は、六条大麦と二条大麦と二種類ありますが、昔から麦茶として使用されているのは「六条大麦」です。

二条大麦はビールに使用されています。

しかし、二条大麦が麦茶として使われることもあるようです。

日本人が、この国産の麦茶にこだわる理由は、安全面の他に香りの良さがあげられるでしょう。

香りの良さを追求するため、業者によってはその産地までこだわって製造されています。

さて、国産の麦茶は現在どこの産地が有名でしょうか。

麦茶の原料である大麦は国内生産が50パーセントを占めています。

産地は茨城県、群馬県、広島県などで作付けされています。

この大麦は白米と混ぜて炊いたり、ビール原料にしたりと用途が違うと、生産地も変わります。

そしてこだわりで選んだ大麦は、その後焙煎されます。その焙煎方法も様々なものがあり、砂釜や鉄釜、そして炭火で遠赤外線効果を狙ったりと、その追い求める味や用途によって変わります。

どの焙煎方法が自分の嗜好に合うか、実際に飲んで確かめてみてもよいでしょう。

高い品質の国産の麦茶は多少高価ですが、安全性が保証され味も良く、体にも優しい麦茶を毎日の飲料として取り入れると、日々の生活がまた楽しいものになることでしょう。