緑茶の通販

緑茶の通販を利用するメリットはなんでしょうか。

緑茶は古来から日本文化の中に存在してきましたし、今でもちょっとスーパーにでかければすぐ手に入るものです。

これほど生活に身近な緑茶に、通販など必要ないと考えてしまうのも無理はありません。

しかし、全国見渡せば、通販でしかなかなか手に入らない緑茶があるのも事実です。

番茶という名前を持つ緑茶の中には、商用ではなく、自分たちが飲んで消費する、言わば自給自足の一環を目的に製造される地方特産の独特なお茶があります。

この土着の緑茶は、そこでは飽きるほど毎日飲めても、一歩県外へ出るとなかなか手に入らないものも多いのです。

例えばその土地で育って他県へお嫁へ行くなどした人にとっては、忘れがたい味であることでしょう。

地方独自の製法で作られ、独特の味と効能を持つ地方特産の緑茶が、日常での消費以外に必要とされることは今まででは珍しいことで、遠隔地に住む人には、通販以外に購入方法がありません。

地方の珍しいお茶には、昔ながらの薬草として緑茶を飲んでいた風習が見えるものから、珍しい製造法の珍しい味のもの、その土地の文化が伺えるものなど、様々なものがあります。

通販で買える地方独特の緑茶をご紹介しましょう。

地方のお茶がその効能を買われて有名になった例では、碁石茶があるでしょう。

テレビでダイエットに効果があると紹介されるやいなや、瞬く間に人気の銘柄となりました。

碁石茶は高知県に伝わる後発酵茶に属する番茶です。

似たものにはすぐ隣の阿波番茶がありますが、後発酵茶は全国的にも珍しいものです。

険しい山に自生するお茶の木から採摘し、茶葉は7月土用の頃まで成長させた芽を使います。

釜蒸しで熱処理されたあと、むしろの上で菌付けされて、桶に漬け物のように詰め込まれたあと、乳酸発酵させて作ります。葉の形がそのままわかる阿波番茶と違い、碁石のような塊になった茶葉が独特です。

碁石茶には、特に有益な成分が多く含まれている緑茶の中で、この乳酸菌の恩恵を受けた効能が多く見られます。

便秘や体内環境の改善、免疫力の向上、代謝促進などがこれにあたり、総合的にダイエットをサポートします。

阿波番茶と違い、むしろに乗せてカビ付けする時点で、経験と勘、さらには複雑な技術を必要とするため、年々生産農家が減っており、希少価値がさらに出てきています。

また、独特の味が古くから愛されているものもあります。

例えば京の庶民の食文化を現す京番茶です。

京番茶は、人の手でしっかりと炒られた薫製のような茶葉が特徴で、香ばしい風味が魅力です。

しっかり炒られている分カフェインや渋みが少なくなっており、日常水のように飲まれるのが特徴です。

急須で飲まれることが多い緑茶の中で、成分が抽出されにくいことから、麦茶のようにグラグラとやかんで煮出して作られます。

また京風懐石料理などでは、食後に出される暖かいお茶に京番茶が用いられることが多く見られます。

京都や周辺出身の方にとっては、もはや生活の一部の味となっていて、大人になってから仕事などで地元を離れた人は、通販を使って調達することも少なくないようです。

緑茶は普段の生活の中で万病に効く仙薬と重宝されていましたが、実際に医学的根拠や裏付けの研究が行われてきたのは最近のことです。

日本食の文化が薄れてきた日本で、今また緑茶の価値が再認識されているところなのです。

少し健康ブームに乗ってみるつもりで、通販で地方特産の緑茶を取り寄せて飲み比べてみるのも面白いものです。

それぞれに味が違い、それぞれの効能も微妙に違いますし、土着の番茶はそれほど値が張るものでもないので、気軽に始めることができると思います。