妊娠中の緑茶

妊娠中に緑茶やコーヒー、紅茶などの飲み物は飲んではいけないという噂をよく聞きます。

これは、単なる噂ではなく、列記とした根拠があるのです。

それは、緑茶、コーヒー、紅茶に含まれているカフェインが胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるからと言われています。

産婦人科の医師や助産師、看護師さんによって、妊娠中は緑茶やコーヒーは飲んではいけないという人もいれば、少しなら問題ないという方もおられます。

自ら気をつけて飲むのを控える人も多いと思います。

ですが、実際にはカフェインの含まれている飲み物を制限するとなると、実にたくさんの飲み物を我慢しなければならないことになってしまいます。

一般的な飲み物でカフェインを含んでいるものは、コーヒー、紅茶だけでなく煎茶、緑茶といった日本茶はほとんど全て含まれています。

そのため、妊娠中に全てをやめるというのはかなり大変なのです。

ではそもそもなぜ、妊娠中にカフェインをとってはいけないといわれるのでしょうか。

それはたくさんのカフェインを摂取すると、胎児も同じだけカフェインを摂取してしまうことになるためです。

カフェインを多量にとりすぎると、不眠や興奮などといった覚醒作用があることは多くの方がご存知だと思います。

その他にも、カフェインの摂取は胎児の血流が減少するとも言われています。

現実的には生まれてくる子どもに、どれくらいカフェインが関わっているかということは未だにはっきりとはしていません。

しかし、あえてリスクがあることをすべきではないということで、カフェインは妊娠中にとるべきではないといわれているのではないかと思います。

ただ、現実的に緑茶、コーヒー、紅茶といった飲み物を完全に制限するということはかなり大変です。

これらの飲み物を今まで毎日飲んでいたなら、少しずつ量を減らしていくと良いと思います。

薄くしたり量を減らしたりということも多少効果があるそうです。

意外と知られていませんが、カフェインの含有量が圧倒的に多い飲み物は緑茶です。

紅茶やコーヒーに比べても緑茶、とくに玉露のカフェイン含有量はその3~4倍とも言われています。

それに比べ、煎茶はコーヒーの半分くらいですし、麦茶にはカフェインが含まれていません。

ですから、妊娠中にお茶が飲みたい場合には麦茶や煎茶を飲むのもよいですし、最近ではノンカフェインのお茶も販売されていますので、そういった飲み物を飲むのもよいかもしれません。

妊娠中に緑茶を飲んではいけないとは言い切れませんが、カフェインが多く含まれていていることは事実です。

カフェインが胎児に何らかの影響を及ぼす恐れがあるということも確かなようです。

完璧を目指すとキリがありませんが、もし出来る事であれば生まれてくる赤ちゃんのためにも、リスクがあることは控えるようにする必要はあると思います。