緑茶の入れ方

緑茶の入れ方は一度覚えてしまえば簡単に行う事ができます。

言われてみると緑茶の入れ方を改めて学ぶ機会は、あまり無いような気がします。

私も子供に言われた事がきっかけで、しっかりとした緑茶の入れ方を指導してもらった事があります。

最近では授業の一環として、小学校でも緑茶の入れ方を教えている所もあるようです。

緑茶は日本古来からある飲み物ですから、お客さんが来たとき、食後のひととき、おやつの時間に美味しい緑茶を入れてみてはいかがですか。

緑茶の入れるにはまず、茶器をあらかじめ温めておく必要があります。

ポットから熱いお湯を茶器に注ぎ、1分くらい温めておきましょう。

やかんで沸かしたお湯は沸騰したものなら100℃となりますし、ポットでもお茶を飲むには少し温度が高くなってしまいますので、沸騰したお湯を適度に冷ましたくらいの温度が、美味しい緑茶の入れ方となります。

次に急須に葉を人数分入れ、茶器に入れたお湯を急須に入れます。

その後、葉が開いてくるまで1分くらい待ちます。

ちなみにお茶の濃さは好みがありますので、濃いものが好みなら少し長めに、逆に薄いほうがよいなら葉を少なくしてみましょう。

急須から茶器に注ぐ時には、1杯ずつ行うのではなく、順番に少しずつ注ぎながら濃さを均一にしていきます。

最後の1滴まで注ぐ事がうまみを引き出す緑茶の入れ方です。

最後の1滴まで注ぐには、茶器にちょうど入る分のお湯の量を測る必要があります。

ポットからお湯を茶器に入れれば、そのお湯の量も測る作業を一緒に行う事ができますので便利ですね。

おいしい緑茶の入れ方だけでなく、美味しい水にこだわってみたり、葉の種類にこだわってみてもお茶を楽しむ事ができますし、茶器を色々と集めてみるというのも楽しいものです。

葉の保存方法は昔ながらの茶筒が一番良いようです。

そのまま保管するなら湿気が入らないようしっかりと封をし、密封容器などに入れておくのも良いそうです。

お茶の葉は、空気に触れてしまうとどうしても味の変化が起こってしまいますから、なるべく早めに飲むか少なめの量を購入するようにするといいですね。

最近ではリラックスする時にコーヒーや紅茶などを楽しむ人が増えていると思いますが、昔から日本で親しまれてきた緑茶で美味しいお茶を楽しんでみてはいかがでしょう。