玉露のカフェイン

玉露には驚くほどのカフェインが含まれています。

一見、カフェインというのは体にあまりよくない成分だとか、摂りすぎてはいけない成分としての印象が強いように感じ取られますが、実際にはとても素晴らしい成分なのです。

成分を抜きにしても、玉露というのは、日本茶の中では最高級品と称されるお茶で、香り高くまろやかなコクや旨味が広がる素晴らしいお茶とされています。

実際に飲んでみると、他のお茶からは感じることのできないような甘味や旨味があります。

そんな玉露の旨味成分となっているのが、テアニンです。

テアニンは緑茶などといった日本茶の旨味成分となるもので、玉露には特にこれがたくさん含まれているのです。

このテアニンが苦味を和らげてくれているので、まろやかな味を楽しむことができるのです。

一方で、玉露には他のお茶とは比べ物にならないくらいのカフェインが含まれているのも事実です。

カフェインは、交感神経を刺激するので、眠気が覚めたりといった興奮作用を持っています。

よく、コーヒーを飲むと眠れなくなると言いますが、これはカフェインの影響なのです。

カフェインにはこのような興奮作用のほかに、集中力を高める力もあります。

そのため、勉強や徹夜をする際にカフェインが含まれる飲み物を飲むという人もたくさんいることでしょう。

そんなカフェインがコーヒーや紅茶よりもたくさん含まれている玉露ですが、コーヒーなどに比べて苦味を感じないのが特徴と言えます。

それは、玉露にたくさん含まれている旨味成分のテアニンが、カフェインの覚醒作用や苦味に感じる成分を緩和してくれているからです。

玉露を飲んでもそこまでカフェインの作用が感じられないのはこのためです。

玉露にはカフェインやテアニンのほかにも、カテキンやビタミンCやEなどといったビタミン類、ミネラルや多種のアミノ酸などといった素晴らしい成分がたくさん含まれています。

そのため、何気なく毎日飲んでいるだけでも、自然に素晴らしい栄養素を摂ることができるのです。

カフェインは摂りすぎると、興奮作用などといった悪影響を及ぼすとも言われていますが、成分そのものが有害ということでは決してありません。

集中力を高めるといった作用など、素晴らしい成分がたくさん含まれています。

ただ、お子さんや妊娠中の人、お年寄りといった人には少し刺激が強いかもしれません。

いずれにしても、おいしくてまろやかな玉露には、味だけではなくたくさんの素晴らしい要素が含まれているのです。