妊娠中の玄米茶

玄米茶は、妊娠中でも飲むことができる緑茶のひとつです。

玄米茶は香ばしい玄米の香りが何より特徴ですが、この玄米がまざることによって、茶葉の量が減っているため、普通の緑茶よりカフェインの量が少ないのです。

カフェインは、興奮作用、強心作用、利尿作用、覚醒作用などで有名です。大量に摂取すると、不眠、神経の高ぶり、頻脈などを引き起こします。

また、それほど重いものではありませんが、少なからず依存性があることは医学的にも認められており、継続的に飲み続けると止めた時に頭痛や倦怠感も引き起こします。

他には、胃酸を促進する作用で胃が荒れたりもします。

他の成分では、タンニンに鉄分の吸収を阻害する効果もあるため、できることであれば、妊娠中は摂取しない方が良い、好ましくないものということができるでしょう。

妊娠中は代謝スピードがどうしても落ちる傾向があり、特に末期では通常の1/3にまで落ち込んでいると言います。

いつもと同じ感覚で摂取しても、普段はなんてこと無い刺激物がなかなか体外に排出されず、体内に長く留まることになります。

カフェインは胎盤も問題なく通過するので、お腹の中の胎児も影響を受けることになります。

カフェインの摂取量が多い人は、多ければ多いほど正比例で流産の可能性が高まるという研究結果もあります。

しかし、これはあくまで大量にがぶ飲みした時の話で、実際には日に1杯程度のコーヒー、紅茶、緑茶では、ここまでカフェインを摂取することはできません。

それほど神経質に絶対飲んではいけないというものではありません。

貧血や不眠の症状が出ているなら話は別ですが、むしろ妊娠中はさまざまなストレスに母体が苛まれていますので、1杯や2杯程度にとどめて、かつリラックス効果が狙えるのであれば、問題ないどころか有益にもなり得ると言えます。

妊娠中に飲める緑茶には、玄米茶の他にほうじ茶もありますが、特に玄米茶は、すっきりして飲みやすく、つわりなどの時期に重宝することも多く見られます。

カフェインが含まれていないわけではありませんが、ほうじ茶よりさらにカフェイン含有量が少ない玄米茶は、妊娠中の方が飲むには一番適している緑茶と言えます。

緑茶には、共通してテアニンというストレス解消に役立つ成分が含まれていますし、玄米の豊富なビタミン、コラーゲン、糖分が、美容や体内環境改善に役立つ玄米茶は、妊娠中の女性に特におすすめです。

最近ではノンカフェインの飲料が増えてきましたが、まだまだ特別な飲み物で、普段そのような飲料が家にあるのはまれなことでしょう。

玄米茶であれば、日本の生活に普段から馴染んでいるお茶ですので、ちょっとした休憩で気軽に飲むことができます。

つわりで体力的にも辛い時期から、ちょっとした家事でも疲れる妊娠後期の休憩に、妊娠中ずっと玄米茶はリラックスをサポートしてくれることでしょう。