抹茶デザート レシピ

老舗茶舗の抹茶デザートが人気を博していますが、簡単レシピで家庭でも楽しみましょう。

お茶の風味をつけるには粉茶を使うのが一般的ですが、粉っぽくなっては困るものにはペーストタイプも売っています。

これなら簡単に使えて便利です。お茶好きな友人が教えてくれた最も簡単なレシピは、お好み抹茶アイスです。

自分が一番好きなバニラアイスに、ちょっといい抹茶をたっぷりふりかけるだけで上質な抹茶アイスになります。

最初からお茶味のものよりも、ずっとよい香りが楽しめます。

他に、家庭でも簡単に作れる和風デザートといえば、白玉ですね。白玉粉に少しずつ水を加えて練っていきます。

我が家でも、息子たちとよく作って食べます。

白玉粉に粉茶を加えて練るだけで、茶団子になります。

子どもが食べるなら少なめに、お茶好きなら多めにすれば、苦みや味も調節できます。

シロップやフルーツ、あんみつなどいろいろなバリエーションが楽しめますが、せっかくならお茶レシピでまとめましょう。

粉茶に少々粉砂糖を混ぜて味を調えたものを振りかけても、とても美味しくいただけます。

水と砂糖を煮詰めてシロップを作る際に、粉茶やお茶ペーストを入れれば抹茶シロップになります。

きな粉好きならお茶砂糖を、蜜好きならお茶シロップをかけて召し上がれ。

ちょっと変わったレシピだと、香りの強いほうじ茶やウーロン茶を濃く出して、シロップを作っても美味しいものです。

金色のシロップに浮かぶ若草色の白玉デザートは、うっとりするくらい綺麗で涼しげですよ。

すぐに固くなりやすい白玉ですが、水分の代わりに絹ごし豆腐を少しずつ練り合わせて作るといつまでもプルプル食感が楽しめます。

一度お試しくださいね。

これからの季節はゼリーにしても美味しいです。

寒天で作ればアッサリ食感、ゼラチンで作ればプルプル食感になります。

片栗粉と牛乳で練り合わせる牛乳餅にも、抹茶の風味はとてもよく合います。

クリーミーなグリーンが美しいプリンも、デザートの王道です。難しいといわれるプリンですが、一度濾すことと火加減さえ覚えてしまえば簡単に作れます。

固さも甘さも好みで変えられますので、自分の好みのプリンをお店で探し歩くより簡単かもしれません。

卵が多ければ固くなり、水分が多ければゆるくなります。

抹茶を多く砂糖を少なくすればビターに、逆ならスイートなプリンに仕上がります。

私のレシピは蒸すのではなく湯せんにかける方法です。

鍋底を二重にしてプリンの高さまでお湯を注ぎ、ごくごく弱火を保ちます。

鍋のふたの間に菜箸を挟んで蒸気を逃がせば、プリンにスが入らずなめらかに仕上がります。

カラメルにも抹茶を使えば濃厚な抹茶プリンができますね。

暑い夏でも、冷たい抹茶風味のデザートならスルッとのどを通ります。

手作りの香り高いデザートで、家族の夏バテを解消し、暑さを乗り切ってくださいね。