ほうじ茶の成分

ほうじ茶には多くの有益な成分が含まれています。

古来から日本の日常の傍らにあった緑茶は、細かい種類を問わず、全般に健康に大きく貢献する成分が見られ、ほうじ茶はその中でも、子供から老人、妊娠中や授乳中の方まで幅広く取り入れることができます。

ほうじ茶の成分で、特によく挙げられるのが、茶カテキンに代表されるポリフェノールやフラボノイドです。

これらの成分は血中コレステロールを調整したり、血圧や血糖値の上昇を防ぐので、生活習慣病に効果があります。

また、抗酸化作用により老化抑制、さらには細胞の突然変異も抑制するので、ガン細胞の発現を抑えることができます。

また、カテキンはよく制汗スプレーやペット用品に用いられ、天然由来で人体に無害な消臭剤として注目を集めています。

これらの効能は、もちろん飲用として用いた際も発揮されますので、体臭の抑制、特に口臭には、抗菌作用も大きく働いて高い効果を得ることができると言えるでしょう。

続いて挙げるほうじ茶の成分は、他の緑茶に共通して多く含まれるカフェインです。

しかし、ほうじ茶は他の茶と違い、200度の高温で炒るという工程を経て生産されていますので、熱でカフェインが気化してしまい、茶葉には他の緑茶に比べてそれほど多くのカフェインは残っていません。

カフェインには、一番有名な覚醒作用の他に、強心作用や利尿作用がありますが、少なからず薬物的に脳神経に作用することと依存性が認められており、多用は好ましくないとされています。

ほうじ茶であれば、日常的に飲用していても、問題になるような量のカフェインは含まれていませんし、カフェインに敏感にならざるを得ない方は、カフェインをさらに抑えたノンカフェインタイプのものも販売されていますので、そちらを試してみるのも良いかもしれません。

他にもビタミンCはほうじ茶の成分の中で特に注目を集めるかもしれません。

ビタミンCには抗酸化作用やストレスの解消という効能があり、精神的ストレスや風邪などの体調不良に苛まれた時に特に必要とされます。

健康に及ぼす効果の他に、肌などに対する美容効果も侮れません。

これは更に綺麗になりたい女性はもちろん、かぶれや乾燥などの肌トラブルに悩む人にも大変有益です。

ビタミンCは熱に弱く、熱湯で煎じてしまうと破壊されて、結果的にほうじ茶の有益な成分が減ってしまいます。

美容効果に高い関心を寄せる方は、水出しタイプのものを利用すると良いでしょう。

他に、ほうじ茶にはフッ素や多頭類などの成分も含まれています。

フッ素は歯の健康に大きく関わっており、虫歯予防などのほかに、歯が自然と目の行きやすい顔にあることから、美容にも大きく影響力をもつところです。

多糖類は、血糖値を下げる高価があるため、カテキンなどの効果と相乗することができます。

有益な成分が多く、それぞれが多彩な効能を持つため、相乗され、全体として高い効果を発揮しているのが、ほうじ茶をはじめとする緑茶の特徴かもしれません。

ほうじ茶に含まれる成分は、普段の健康維持に大きく貢献するものです。気軽に入手し、飲むことができるお茶ですので、一度騙されたと思って続けてみて下さい。