妊娠中のほうじ茶

妊娠中でも、ほうじ茶なら安心して飲むことができます。

お茶が大好きな妊婦にはおすすめできるお茶と言えます。

妊娠中には、自分の意思に反して、妊娠前に何気なく行っていた習慣を控えなければならないことも多くあります。

例えば、喫煙や飲酒、コーヒーや紅茶、緑茶などといったカフェインがたくさん含まれている飲み物を控えめにする、薬が飲めないなど…これらは全て自分の意思で決めることですが、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性がゼロではありません。

ただ、妊娠中にこれらを全て制限するとなると、妊婦自身にストレスが溜まってしまうことになります。

たしかに、喫煙や飲酒、薬の摂取はダイレクトに赤ちゃんに影響があると言われていますが、飲み物を全て制限するとなると、それまでコーヒーを飲む習慣をお持ちだった方にとっては大変辛いものがあります。

そこで、カフェインの含有量を比較してみますと、最もカフェインを多く含むのは玉露、次いで、紅茶やコーヒーが挙げられます。

これらが医学的に赤ちゃんに悪影響を及ぼすとは断定できませんが、やはり悪影響を及ぼす恐れがあるのなら妊婦としては極力控えたいものですよね。

その点ほうじ茶は、低カフェインということで、小さな子どもでも安心して飲めるお茶として広く知られています。

ですからほうじ茶は、妊娠中でも飲んでもよい安全安心な飲みものなのです。

カフェインというのは、興奮作用や眠くならないなどといった覚醒作用を持つ成分です。それが母体から胎児にダイレクトに伝わるとなるとコーヒーを飲むにも躊躇してしまいます。

ですが、ほうじ茶にはカフェインがあまり含まれていないので、お茶が飲みたい妊婦にとってはよい飲み物と言えるでしょう。

また、妊娠中というのは自分の体はもちろんのこと、赤ちゃんのためにたくさんの栄養を摂らないといけません。

お腹の中に赤ちゃんがいるということは、いつも以上に栄養に気をつける必要があります。

ほうじ茶には、カフェインのほかにも、ミネラルやビタミン、アミノ酸や多糖類など多くの成分が含まれています。

これらは全て妊娠中に必要となってくる大切な栄養素であると同時に、普段の食生活では不足しがちな栄養素なのです。

ミネラルには新陳代謝を高める作用がありますし、アミノ酸にはリラックス効果が望めます。

つまり、妊娠中に不足しがちな成分が摂れるのがほうじ茶といっても過言ではありません。

ですから、妊娠中は、ほうじ茶を中心として飲料・食事に気を使って、赤ちゃんのためにもたっぷりと栄養を摂ってあげましょう。