ほうじ茶の効果と効能

ほうじ茶の効果・効能は、同じ緑茶の中でも有益な成分構成で、普段から健康を気にかけている人にはおすすめの飲み物です。

特に他の緑茶に比べてカフェインが少ないのが特徴で、カフェインの摂取を控えなければいけない人も、安心して飲むことができます。

ほうじ茶の効能をあげれば、キリがありません。

数多く含まれる有益成分の中で、特にほうじ茶の効能に大きく貢献しているのは、カテキンです。

カテキンはフラボノイドやポリフェノールの一種で、酸化によって重合し、お茶の渋みとなるタンニンとなります。

カテキンは非常に多彩な生理活性があるとされており、高血圧の抑制、血中コレステロールの調節、血糖値の調節などの作用があるため、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病に対する効果が期待できます。

また、国内では最近、高濃度茶カテキンと謳う特定保健用食品が店頭に並ぶようになりました。

そのメカニズムは未だに不明ですが、肝臓や筋肉中の脂肪消化酵素を活性させ、体脂肪の蓄積を抑える効果があるとして、厚生労働省から認可されたものです。

一般に市販されているほうじ茶は、高濃度茶カテキンではありませんが、カテキンには少なからず過度の脂肪蓄積を予防する効果があると見られている証拠ですので、ダイエットとしての効能もほうじ茶にはあると言えます。

カテキンは他にも、抗酸化作用で老化防止になるほか、抗菌や抗アレルギーなど、実に多用な作用をもち、蔓延している現代病に、非常に有益な効果を発揮します。

次いで挙げられるのは、カフェインによる効能でしょう。

カフェインには、疲労回復や利尿作用があることが有名で、一番よく知られているのは、やはり覚醒作用でしょう。

眠気覚ましによく挙げられる飲料は、コーヒーなどの、このカフェインが多く含まれるものです。

しかし、カフェインには良い特徴ばかりではなく、過剰に摂取しすぎると身体に害となる側面もあります。

例えば、重度ではないにせよ依存性があるといわれ、常用し過ぎるとカフェインを絶った時の症状として、頭痛や不安、倦怠感などを引き起こすので注意が必要です。

少なくとも脳神経系に影響力を持つことは医学的にも認められていて、何かの病気を患ったことのある方、妊娠中や授乳中の女性、あるいはご老人の方は、専門家からカフェインの量に敏感になるよう注意を促された経験をお持ちかもしれません。

ほうじ茶は煎茶や番茶などの他の緑茶をさらに200度で炒って作られたお茶で、この高温処理の過程で茶葉に含まれるカフェインが、ある程度昇華されています。

そのため、緑茶の中でもカフェインの少ない特徴を持つのがほうじ茶で、緑茶の高カフェインに抵抗がある方でも、ほうじ茶であれば気軽に緑茶の効能を生活に取り入れることができます。

最近では特に、この特徴に目を付けて、さらにカフェイン量を日常生活に害がない程度にまで抑えたノンカフェインのものも発売されています。

ほうじ茶には、他にも美容に良いとされるビタミンCや歯の健康を保つフッ素、身体には欠かせないミネラル、リラックス効果のあるテアニン、カテキンと連携して血糖値を下げる多糖類なども含まれています。

特にビタミンCは、ストレスを受けた時や風邪などの時に必要とされ、予防にも役立ちます。

注目すべきは、やはり美肌効果でしょう。

ビタミンCは熱に弱いため、この効能を目当てにする際は、水出しタイプのものを利用するのもおすすめです。

ほうじ茶の意外な効能は、体臭の予防も挙げることができます。

ほうじ茶を含め、緑茶は日常で一番身近で強力な消臭剤です。飲むことはもちろん、飲み終わった後の茶殻を利用することで、臭い成分が緑茶のポリフェノールやフラボノイドと化学反応を起こし、分子レベルで中和される他、カテキンの抗菌作用で雑菌による悪臭も防ぐことができます。

ほうじ茶に見られる効能は、多くは緑茶に共通する効能ですが、緑茶の中ではまれなカフェインの少なさに焦点を当てれば、その効能を様々な場面で取り入れることができます。

多量にがぶ飲みする必要はなく、むしろ何気なく毎日続けることで、その恩恵に与ることができるのが魅力でしょう。

ほうじ茶は特に高価でもなく、作り方も極簡単ですし、特に効能を意識しなくても日常に取り入れることができる飲み物ですので、大変おすすめです。