釜炒り茶

皆さんは釜炒り茶というものを聞いたことがあるでしょうか。

これは日本の九州地方の一部に古くから伝わるお茶の製法で、日本で一般的である緑茶の製法とは違ったものがあるのです。

日本にある緑茶のほとんどは、実は蒸すという製法が使われています。

これは実は世界でも珍しいことで、このような製法を用いているのは日本だけのようです。

ちなみに緑茶を飲んでいるのは日本と中国なのですが、中国での緑茶の製法は釜炒り茶と呼ばれる製法に近いものなのだそうです。

ですから、この製法は日本よりも中国よりに近いものということです。

このお茶の特徴としては、製法が蒸すタイプに比べて比較的簡単で道具も専用なものが必要ないために、家庭でも作ることができるといわれています。

基本的に茶葉というのは新芽であればあるほど高級なものだといわれており、新芽から数えて三つ目ぐらいまでの茶葉を利用したものは、一般的に値段も高いお茶になります。

いわゆる新芽だけを使用したのが煎茶とか玉露と呼ばれるもので、やはり釜炒り茶にする場合も、こういった質のいい茶葉の方がおいしいお茶になるようです。

また、鉄なべを用いて茶葉を乾燥させるのですが、この時に焦がさないようにだけ注意しましょう。

ここで焦がしてしまうとその匂いが全体に染み付いてしまって、せっかくのお茶の良い香りが台無しになってしまうので注意が必要です。

お茶を入れる際にも少しだけ他のお茶と違いがあって、釜炒り茶の場合は温めのお湯ではなく熱めのお湯を使用した方がいいようです。

これは他の緑茶が熱い温度だと渋みまで引き出してしまうのに対して、釜炒り茶の場合には香りが良く引き出されるという利点があるのです。

ですから、それを知らずに温めのお湯で入れてしまうとせっかくの香りがあまり感じられないということになってしまいますから、魅力も半減してしまいます。

お茶によってこのように入れ方にも少し違いがありますから、できるだけ初めてお茶を入れる場合には少しでもいいので、そのお茶について調べるようにするといいかもしれません。

そうすることによってお茶に関することはもちろんのこと、それ以外の歴史や背景などにも思いをはせることができるようになり、さらにお茶を楽しむことができるようになると思います。

ネット上ではいくつかのサイトで釜炒り茶の作り方を茶葉を摘み取るところから解説してあります。

ネット通販大手の楽天市場では釜炒り茶が数多く販売されていますので、九州の一部でしか見られない変わったお茶である釜炒り茶を、気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。