芽茶

芽茶は、日本で最も飲まれている緑茶の中のひとつとして、広く親しまれているお茶です。

日本茶には様々な種類がありますが、その中で、緑茶には様々な種類があります。覆いを被せて作る玉露やかぶせ茶をはじめ、煎茶など様々です。

いずれも緑茶であることには変わりありませんが、その製法や茶葉には違いがあります。

そのため、味や香りにも差が生じますので、値段や用途に合わせて自分のお好みのお茶を選ぶと良いかと思います。

芽茶は、そんな緑茶の中で玉露や煎茶を作る際に残る先端に残る小さな葉(芽)を使ったお茶です。

これのほかにも茎茶や番茶も、製茶をする際の副産物として残ってしまう部分を利用したお茶ですが、副産物だからといって、味が悪いかというとそうではありません。

芽茶は、煎茶や玉露の芽を使って作られていますが、これらほど味や香りは強くありませんが、何度でも注しが効きますので業務用として広く親しまれています。

また、色も鮮やかで味も濃く、他の緑茶と何ら変わりはありませんし、むしろ満足できるお茶に仕上げられています。

特に玉露を使った芽茶は、玉露に比べ、多く同じ茶葉を使ってお茶を楽しむことができますので、コストパフォーマンスは非常によいです。

高級玉露はなかなか…と言う方でも、同じ玉露から作られる芽茶であれば、お値段も手ごろですし、玉露の旨味も十分楽しむことができますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

また、芽茶にはカフェインが豊富に含まれています。

ものによってはコーヒー以上に眠気覚ましの効果が期待できるようですから、コーヒーの代わりとして利用してみるのもいいかと思います。

そんな芽茶ですが、質のよい芽茶をどのように選別するかというと、茶葉がコロコロと丸みを帯びているものを選ぶと良いとされています。

丸みを帯びている芽茶は、品質がよく味が濃縮されている場合が多いです。

また、おいしい芽茶を作る工場や会社は、おいしいお茶を作っている場合が多いですから、他のお茶を買う際の参考としてもよいでしょう。

他のお茶に比べ、苦味や渋味、そして濃厚な味が特徴な芽茶は、高級なお茶でも多く飲んでみたい方にはおすすめのお茶です。

茶道教室に通われている方や、通の方が、普段飲みのお茶として良く利用される事でも知られていますから、興味のある方は芽茶を一度試してみてはいかがでしょう。

普段飲みのお茶としては、芽茶や茎茶はいいお茶だと思いますよ。