かりがね

お茶の分類の中に、かりがねという種類があることをご存知でしょうか。

これは一般的な煎茶や玉露といった分類とは少し違ったお茶の分類の一つなのです。

かりがねが使われるのはお茶の本場と言われる京都で主に使われる言葉で、全国的には茎茶と表されることが多いようです。

この名前からもわかるとおり、かりがねとは葉の部分ではな茎の部分を使うお茶のことをいいます。

一般的に玉露などには、葉の部分しか使いませんから茎の部分はいらないわけです。

そこでその余った部分を再利用したのが、かりがね茶ということになります。

ただしこのかりがね茶、余った部分だからといって馬鹿にしてはいけません。

茶葉の質にもよりますが葉の部分に負けないぐらいおいしいお茶を作ることが出来るのです。

基本的にかりがね茶の値段は、葉の部分に比べてとても安いです。

ただ先ほどもお話したとおり安かろう、悪かろうではありません。

逆にかりがね茶だからこそ、良質で香りも風味の良いお茶が安価に手に入れることが出来るので、お茶好きの方の間では良く利用されているお茶なのです。

ですから、おいしいお茶を普段から飲みたいという方が好んで購入されるというように言われています。

また茶道をたしなんでいる方もよく購入されることが多いようです。

それというのもこのかりがね茶というのは、味や香りに関して葉の部分に劣っているわけではないからです。

一般的にお茶の葉というのは光合成をすることによってカテキンを作り出します。

これがお茶の渋みや苦味の元になるのですが、これは一番多く含まれるのが葉の部分で、茎にはあまり含まれていないのです。

そのためかかりがね茶の方が渋みが一般的なお茶よりも少ない傾向があります。

熱いお茶が好きだけれど渋いお茶はあまり好きではないという方も多いと思います。

基本的に温度が高いお湯を使うと渋みも一緒に出てきてしまうものなので、渋みを出さないようにしようとすればお湯の温度を低くしなけれなりません。

ですから、熱いお茶が好きな方であればかりがね茶を利用されると良いでしょう。

茎の部分はカテキンが少ないですし、抽出するのにも高い温度で行なうことができるからです。

非常に熱いお湯、具体的には90℃ぐらいのお湯でもおいしいお茶を淹れることができます。

ただし逆に蒸らす時間は短めにしましょう。

短い時間で簡単においしいお茶を入れることが出来ます。

このようにお茶には様々な種類があります。

大切なのは自分の好みの種類の茶葉を見つけ、自分なりに楽しんで淹れることができるようになることではないかと思います。