かりがね お茶

お茶にも様々な種類がありますが、茶葉の種類の一つに「葉」「茎」「粉」という分類があり、その中でも茎のことを一部地域では「かりがね」と呼ばれています。

この名称が使われるのは主に京都で、全国的には「かりがね」という名称よりも茎茶と呼ばれるのが一般的です。

お茶の種類としては「葉」が使われているお茶に比べて安いことが多く、安かろう、悪かろうと思う方もおられるようですが、もとになった茶葉がどれくらいの質かということによって大きく変わってきます。

特に玉露などの高級なお茶に使われている茶葉の「かりがね」の場合、もともとの「葉」の部分の質が高級ですから「かりがね」であってもおいしいお茶になります。

同じ質の茶葉であっても「葉」の部分と「かりがね」の部分とでは、値段がかなり違ってきますから「かりがね」のお茶を好んで飲むという方もおられるようです。

最近では健康ブームが叫ばれて久しいですが、日本だけでなく海外でも緑茶に対する注目が集まっています。

それというのも研究によって緑茶に茶カテキンという成分が含まれていることが分かったためなのですが、このことからもお茶の需要は高まっていて、手軽に購入できる「かりがね」も人気を集めているのです。

中でも茶道をたしなんでいるような、お茶に詳しい方が普段飲むお茶として、または練習用として購入していくことが多いようです。

お茶の質自体はとても高いものですが、価格が安く普段自分用として飲む分には最適なお茶という事かもしれませんね。

玉露のかりがねは、やはり玉露のような甘さや香りが楽しめます。

玉露の場合は値段が高いということもありますが、甘みや香りが飛んでしまわないようにぬるめのお湯で温度に気をつけていれなければなりませんが、「かりがね」の場合は煎茶のように80℃ぐらいのお湯でさっと淹れることができ、気軽に楽しむことができますので使い勝手も大変良いお茶なのです。

お店によってはお客様にお出しする最初のお茶として、高級な茶葉の「かりがね」を使用する場合もあるそうです。

そんなかりがねのお茶の中でおすすめなのが「柳桜園茶舗」のかりがねほうじ茶、「香悦」です。

国産の茶葉と上質のかりがねを使って、柳櫻園独自の製法でブレンド、焙煎された香りがとても高いかりがねほうじ茶です。

ほうじ茶はカフェインやタンニンの含有量も少なく、お子さんでも安心して飲む事ができるお茶です。

値段も手ごろで香りも良く美味しいかりがねのお茶として、口コミでも評判のお茶ですから興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。